ねこにゃんちゃっつ

理屈っぽいブログ
by sukiyakissu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ピアノ弾きの人間関係
傾向として、やはりソロで出来てしまう楽器、言い換えれば、アンサンブルしなくても和音がでてしまい、音楽ができてしまう楽器なので、管楽器から比べると、つながりは少ないように感じます。

僕らは、その楽器で和音を出したいとき、自分だけじゃできないので、必然的に関わりますよね。それが、ピアノの必然性とは異なることはみなさんもお分かりになるはず。

じゃあ、伴奏をよくやってる人たちはどうなのか。これは、やっぱり少し管楽器に近い存在になってくるのではないでしょうか。そうしてピアノを弾いている人たちがそうなのではなく、おそらく、そうして得た音楽へのアプローチが変わった人が、近づいて来ているのだと思っています。

そう考えている筆者の周には、ピアノ科同士で仲のよい人々がたくさんいます。

何故、筆者がそう思うのか。
何故、筆者の周りがそうなのか。

どちらかが正解とかいうものでもないとは思いますが。矛盾しているような気もします。

人間って、奥が深い。

気付けば、普通の大学の状況がわからないので、なんとも基準のつけがたいものです。
[PR]
by sukiyakissu | 2006-06-07 01:59 | ピアノ
<< ユーフォの就職先 作曲家達について >>