ねこにゃんちゃっつ

理屈っぽいブログ
by sukiyakissu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:木管( 6 )
ファゴット
この楽器は木管のホルンとも呼ばれるくらいまろやかな音がしますね。
ではファゴット奏者について。

私は、大きくわけて二種類のファゴット奏者にあいます。
ひとつは、ひかえめというか、のほほんというか、そんな感じの伝わってくる感じの人。
ふたつめは、とても情熱的に歌いこむ人です。
とても対照的にもみえるふたつですが、なぜかひとつの楽器に共有する存在です。
理由を考えると、
ひとつめの方で考えられるのは音色でしょう。
その音色といったら、とてもまろやかで私はとても大好きです。
ふたつめの方で考えられるのは機能性ではないでしょうか?
ホルンのように迫力がでるわけではないのですが、機能性は金管よりあると思います。
つまりは、音が金管より扱いやすいということですね。
もちろんそれは木管に共通して言えることです。
そして、偶然にも私の学校にもそんな対照的な二人がいます。
自分の説にすべて当てはまるわけでもありませんが・・・。
ちょっと探してみてください。ファゴット奏者を。
判断できる材料として、二つ目の人はやたら動きます。
[PR]
by sukiyakissu | 2006-01-18 00:47 | 木管
クラリネット
みなさん、ご存知クラリネット。しかしながら、実はクラリネットには仲間はずれ要素があるのです。
フルートにもエアリードという仲間はずれが存在しますが、クラリネットは、もっと深い事情です。
クラリネットの音の出る構造として、他の楽器と決定的に違うのは、閉管ということです。
「?」のでる言葉かもしれませんね。
サックスとクラリネットは親戚・・・っていうか、クラリネットがお姉さんみたいなもんですかね。一枚リードの楽器で、先に作られたのはクラリネットですから。
ちなみに、サックス類は開管とよばれるものです。
さぁもう一度よく思い出してみよう!
クラリネットとサックスは何が違う?材質?音?
なにより違うのは音のでる指。
リコーダー、フルート、サックスなどは、オクターブ上がってもほとんど指が一緒なのに対し、クラリネットは、オクターブ上がるにつれて、必要な管の長さが半分になっていきます。
なんでかはしらん。
なんで、他の楽器とは一味もふた味も違うんですよね。
そんなわけで、クラリネットはサックスより音域が広いわけです。
性格にはそれがどう影響するんでしょうかね?
ちなみに、クラリネットの人は、吹奏楽でも人数が多い割には、集団行動はあまり得意としないようです。アンサンブルなんかも、あんまり得意そうにはみえませんでした。
なんででしょうね?やりたくないってわけでもなさそうなんですが・・・。
それと、ビブラートをかける人口がとても少ないせいか、のん気な曲や暖かみのある曲は聞き栄えがするのですが、情熱的な、特に悲哀的な感じの音楽はあまり聞き栄えしないように感じます。もちろん、結局それも腕しだいなんですが・・・。私はクラリネットの好きな曲は大体長調になってしまうので、それも入ってしまっていますね(汗
クラリネットはとても性格が音に出にくい楽器だと思っています。クラ奏者には違って聞こえるのかもしれませんし、なんともいえませんが。
とりあえず、のんきな音なんていわれたりもする楽器ですが、奏者全員が全員そうというわけではないみたいですよ。
それと、勝手な妄想ですが「吹奏楽部のクラリネットにはかわいい子がいる」伝説があります。
[PR]
by sukiyakissu | 2006-01-18 00:32 | 木管
フルート
フルートの人。私は大好きです。
なんでかっていえば、なんかとっても女らしいイメージがあるから。
ここまでの文でわかることは、私が好きなフルート奏者は女限定でありますw

フルートって木管でありながら、エアリードという特殊な音源を持つ楽器ですよね。
特殊っていっても、民族楽器にも同じ仕組みはたくさんみられますし、ビール瓶でもできてしまうのがこれですね。リコーダーもそうかな?そうするとちくわ笛も・・・。
そんなわけで、木管の中でも一味違った性格が影響されそうです。
エアリードってそもそも、リード楽器に比べてとても、肺活量がいると私は思っています。普段楽器を吹いている私でさえ、酸欠で頭がふらふらしたのを覚えています。なので、女の楽器、などと思えますが、いがいと体力のいる楽器であると思います。しかも、横笛ですので、普通の楽器よりも片寄った体制となり、体への負担も大きいと思います。実際、あまり金を含んでいる楽器は体力的になかなか女の人が扱えるものではないとか。
フルートは、他の管楽器に比べてアンブシュアに入る力の量が少ないと思います。それがなにに影響するかは永遠のトップシークレット。
なんか、欲が無いようにも感じられますよね。フルートの人って。あんまりバリバリ練習する人を見たことがない気がします。一人で部屋にこもってひたすら吹く!っていう光景はあまりみない気がしますがどうでしょう?
演奏からみると、華やかさや豊かさよりも、きれいさが強調される楽器ではないでしょうか。そして緊張感のあるところでもそれが多彩に出ます。
やっぱり、そういうところは、女性らしさっていう感じにみえますよね。
こう書くとフルート奏者は吹くのがこわくなるかもしれませんが、フルートって思いっきり性格がでるなぁって思います。
同級生のフルートの音がきれいでとても安心しています(笑)
[PR]
by sukiyakissu | 2006-01-17 23:51 | 木管
オーボエ
とりあえず、自分のしっている楽器は全部かこうかなと。

オーボエにいわれるのは、神経質でないとできない、と聞いたことがあります。
リードを作る作業なんかは私はしたくないです。一枚作るのもとても気が滅入ります。
たくさんケーン(アシの一種・竹のようなもの)を買ってきて、それを半分にわって、ちょうどいい長さにして、ある程度の形にして、先端を削って、真ん中を折って・・・ボーカル(っていう金属の筒)にくっつけて・・・順番違うかも。ってかそれくらいめんどくさいんですって。しかも、糸まくのもめんどくさいし。それのきれいさはあんまり音に影響はしないらしいけど・・・。それで出来上がったものでも、使えないリードはたくさんあるし・・・。あーもーやだ。ってなっちゃう人はきっとオーボエを続けていないでしょうね。買うのだって一個1000円とか2000円とか。でも、リード選びできるらしいっすけどね。
演奏面からみると、ほとんど活躍はソロですよね。しかもおいしいソロばっか。しかしながら、音程はとてもとりずらい楽器。一説には音程が不安定なので、オケのチューニングにつかわれてるというのも聞きますが、それはないと私は思います。なぜかって、不安定なものに安心してあわせられます?オーボエは音がたつから、っていう説の方を私は信じています。
しかしながら、そのたつ音がとてもくせもので、なにをやっても目立ってしまうんですよね。もちろん全員がフォルテッシモなら聞こえなくなることはありますが、音量差でかてなくても、きこえるのがオーボエです。なので、トランペットファースト系のような度胸やある意味自信過剰なまでの精神は必要かもしれないですね。それに加えて、完璧主義なんかもないと、音程にこだわりをもてないのではないでしょうか。
まぁ、なんどもいうけど偏見ですよ。
[PR]
by sukiyakissu | 2006-01-17 23:35 | 木管
ペットシリーズ☆サックス☆
ペットシリーズ!どこまで続くのかは不明。

とりあえず、サックス奏者に多いペット、それは猫ではないかと思います。
まぁそんな話を聞いたもので。
なぜ猫がすきなんでしょうかね?
ペットから吹いてる楽器を見抜けたらすごいっすねw
[PR]
by sukiyakissu | 2006-01-17 22:08 | 木管
とりあえずサックス
サックスってどんな人が多いかな、って考えたときに、私の中で一番おおいのは・・・なんていうか、めんどうみがいいというか、自分のことより人のことに熱くなるというか。高校だといろんな人がいるけど、その先サックスを続けようって思う人とか、サックスの先生なんかはそんな人多いんじゃなかいかなぁ?って思います。
さばさばしてないと思う。うん。多分。

サックスはおおらか。っていうかてきとー。それでもってばかが多い。と思われ。
そんな理由で・・・
割と金管と相性がいいと思います。特に・・・ホルンとかかな?(ほんと?)
逆に相性が悪いのは木管。特にクラリネット族とは仲が悪くなりやすいであろう。オーボエとは、相性が悪そうに見えて、案外よかったりする。
 ちなみに、ほかのパートに比べて仲間意識が強い。

なんてね
[PR]
by sukiyakissu | 2005-08-12 22:41 | 木管