ねこにゃんちゃっつ

理屈っぽいブログ
by sukiyakissu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
そしてさんこめ。
まぁクリスマスの時期だし、やっぱり恋愛についてもふれましょか、ってことで。

ちょっとやらしいでだしからいってみよう。
一番落としやすい楽器はなにか!!ってのはあんまりないかもしれないが、楽器がうまい人ってのは、なかなか難しいと思う。なぜかっていうと、やっぱり完ぺき主義だったり、何事にも冷静だったり。まぁ、キャリアウーマンってのは、恋になると急にテンパったりするもんですがね。
まぁうまい人と付き合いたいなら要注意。人種によっては付き合うと、とたんに下手になる人もいますから・・・。
単旋律楽器ですと、結構ピアノの人にあこがれたりしませんか?恋人同士でデュオとか結構べたに想像してしまいますよね。まぁ、なかなか出会いもないわけですが。ちなみに、前にも述べたとおり、同じ楽器だと、よ~く楽器のことがわかってるから、逆に文句がいいたくなったりするもんですよね。それが、うまく「高めあう」ってニュアンスになってくるといいんですが。。。

時代で言うと、バロックや古典の好きな女性っていうのは、恋などにはとても壁を作っている感じがします。ロマン派や、近代の好きな女性は、恋に積極的ではないでしょうか。まぁ、心の底で欲があるか否かは別の問題ですが。

音楽と恋ってきっと密接に結ばれているんだと信じたいです。それが自分の音楽だから。
[PR]
by sukiyakissu | 2005-12-22 16:54 | その他
暇だから今日二個目
よく知らない声楽の人達について。

おそらく、吹奏楽部よりは、コーラス部の方が団体行動をしたがるのではないでしょうか?
そして、楽器よりハッキリと実力差がでないぶん、同じパート同士の人との内紛は吹奏楽部より強くないでしょうが、全員が同じ楽器で演奏しているようなものなので、楽器が違えば幾分かは吹奏楽の方が話しやすいのではないでしょうか?
もちろん、個々の声帯は違うので、それでもハッキリした差はでないでしょうが・・・。

性格と関係あるかどうかわかりませんが、声楽の人は管弦打楽器に比べ、音程にシビアな人は少ないようです。その代わり、呼吸法や響かせ方などはとてもよく研究されていると、私の目からは見えます。間違った腹式呼吸が多いのは、吹奏楽部で、コーラス部・合唱部にはあんまり存在しないのでは?っと思っていますが、まぁ調べてみないとわからない。ただ、吹奏楽部に伝統的に伝わる「お腹をでっぱらせて・・・」みたいな呼吸で歌を歌う人は、あんまり見かけません。吹奏楽部は、たくさんいますが・・・。
私の周りでは、コーラス部よりは吹奏楽部、声楽よりは管弦打楽器の方が、上下関係が激しい気がしています。これはどういった理由かはなぞです。

まぁ、サックスについてはいくらでもできますからね。「なんで練習しないの!?」って怒りやすいですよね。。。
[PR]
by sukiyakissu | 2005-12-22 16:23 | 声楽
いやぁ、ひとって難しいですね。
こんなふうにブログたちあげておいて、簡単に行き詰ってしまった自分がいますわ。
どうしたらうまくいくんでしょうか。

今日は音楽の調性についてです。

音楽には大きく分けて、長調、短調の二種類があります。まぁ、無調性とかはとりあえずおいといて・・・(無調性が好きです!って人には多分まだあったことがない)

長調好きと短調好きにとても多く分かれます。実際これも性格に深くかかわるんじゃないでしょうか?

自分は長調好きなのですが、こちらから短調好きをみると、偏見かもしれませんが、物事をとても深く考える人種のような気がします。理論的にも、深くて難解なのは短調のほうであるはずです。そもそも、音楽の中に、かっこいい、と思う部分があったとしたら、曲が長調であったとしても、短調の部分をさしていっていると思います。

長調好きの人間は、短調好きの人間とどこが違うのかときかれると・・・。なかなか答えはでないものですが、あえていうならば、短調好きよりはポジティブ、前向き、外向的ではないでしょうか?悪く言えば、浅はかかもしれません。なにしろ、長調とは自然な響きなのですから。

よく人を好きになるときは、憧れと混同しているときがありますよね。もしかすると、音楽にもそんな風に魅かれていった人もいるんじゃないでしょうか。

なぜ長調がすきか、なぜ短調がすきか、自分を思い返すことは難しいと思うので、近しい人にあてはめて改めて考えなおしてみると、また新しい発見ができるかもしれませんね。

ちなみに、厳密に言うと、私は短調から始まり長調に終わるのがすきです。
[PR]
by sukiyakissu | 2005-12-22 16:08 | その他